86-574-22707122

すべてのカテゴリ

業界ニュース

あなたはここにいる : ホーム>ニュース>業界ニュース

HuaweiのCEOであるRenZhengfeiは、米国の交通量にもかかわらず、30年に世界の携帯電話の出荷が2019%増加すると予測しています。

時間:2019-07-24

HuaweiTechnologiesの創設者兼最高経営責任者であるRenZhengfei氏は、米国が米国のサプライヤーとの取引をブラックリストに載せているにもかかわらず、中国の通信大手が今年、世​​界で30%多くの携帯電話を出荷すると予想していると語った。
深センに本拠を置く同社の270つのスマートフォンブランドであるHuaweiとHonorは、2019年に世界で推定XNUMX億XNUMX万台のスマートフォンを出荷すると、Renは最近発表されたYahooFinanceとのインタビューで語った。 Huaweiは、詳細を述べることなく、インタビューの内容を確認しました。
スマートフォン業界の調査プロバイダーであるIDCのデータによると、同社は昨年、韓国のテクノロジー大手であるSamsungElectronicsとカリフォルニア州に本拠を置くAppleInc.に続いて、合計206億XNUMX万台の携帯電話を出荷しました。
レンの予測は、別の研究者が、Huaweiの46.1つの電話ブランドが第27,000四半期の中国市場のXNUMX%を占めると推定したことによるものです。主要都市と発展途上の都市の両方。

ブルームバーグのレポートによると、ファーウェイの幹部は40月初旬にスマートフォンの海外出荷台数が60万からXNUMX万台減少する準備をしていると述べており、出荷全体の増加は国内販売の急増で埋め合わせる必要があるとのことです。
深センに本拠を置く同社は、米国の行動による海外での潜在的な損失を相殺するために、中国のスマートフォンおよび通信ネットワーク機器市場のシェアを大幅に拡大することを目標としています。