86-574-22707122

すべてのカテゴリ

業界ニュース

あなたはここにいる : ホーム>ニュース>業界ニュース

公衆電話

時間:2019-09-11

何年もの間、あなたが家から離れていて電話をかけたいのなら、有料電話があなたの唯一の選択肢でした。 私たちのほとんどがポケットに電話を持っている今でも、有料電話はどこにも行きません。 FCCは、公共の安全や福祉のために特定の場所にそれらを置くことを提案しています(警察署の外など、逮捕された後に電話をかける必要がある場合があります)。 有料電話は、電話回線から引き出された電気だけを使用して、通話の接続、価格の設定、および正確な支払いの回収を管理します。 また、基本的に防弾仕様であり、あらゆる種類の破壊行為や盗難に耐えるように考案されています。

1980年代、全国の電話回線を所有していた電話会社は、電話が使用されている間だけ電力を引き出すことを要求していました。 受話器をクレードルから取り外すと、レバーが解放され、フックスイッチがトリガーされます。 これにより、電話に電力が供給され始め、ユーザーにダイヤルトーン(電話を使用する準備ができていることを示す信号)が聞こえます。 通話中、電話回線から供給される48ボルトの電力は、マスターコントローラーやLCD画面を含む、電話のすべての電子機器に電力を供給します。 電話機には、XNUMXつの目的でのみ使用される充電式NiCdバッテリーがあります。受話器をクレードルに交換する場合、電話機は通話料金を銀行に預けるか、発信者にコインを返却する必要があります。 呼び出しごとに、この操作を実行するのに十分なだけバッテリーが充電されます。